makino.jpeg

ようこそ「牧野ギター教室-沖縄」のページへ。



 このサイトは沖縄にてギター教室を主宰する「牧野哲仁」が、ギター教室の情報や、コンサート情報など、沖縄でのクラシックギターの動きを伝えます。

サイトとブログの両方を活用して情報を発信していますので、最新情報やコンサート案内は牧野哲仁ブログ「ギターと共に」でご覧ください。








音楽の島 沖縄


 沖縄は音楽の島、民謡に限らず、クラシックもジャズもロックも盛んです。下の写真はギターサークル交流会の時の写真です、これを見れば判る通りギターだって盛んですよ。ここ沖縄ではギター教室やギターサークルなどで大勢の方々がギターを楽しんでいます。
NIZI2009LEFT NIZI2009RIGHT

楽しみは自分で作り出す


 「楽しみは自分で作り出す」これが私たちウチナーンチュ(沖縄)の県民性です。音楽だって聴いてるよりも自分でプレイした方が数倍も楽しい〜と言う人が多いのもうなづけます、クリエイテイブな沖縄の県民性に拍手。 「ギターを弾いてみたい」と百回思うよりも、勇気を出して実際に手にとって実践してみましょう。みんなこうしてスタートしてきたのですから。「牧野ギター教室」はギターを弾いてみたいという方のお手伝い、サポートをします。

沖縄のギター教室として


nizi2009sensei  「牧野ギター教室」は沖縄のギター教室として、沖縄ならではの名曲「えんどうの花」や「てんさぐの花」などもレッスンに取り入れています。その他「唱歌」や「古賀メロディー」も要望の多い曲なのでレッスンしています。クラシックギターの教室ですが、最初からクラシックをという訳ではありません。まずは馴染みのある曲でギターに親しむ事から始めていきます。


ギターの上達には正しい練習方法が大事です


isimine  「ギターは簡単に手軽に弾けます」とは私は言いません。ギターを始めたけれども途中で挫折したという話を沢山聞いているし、実際に知っているからです。楽器店や本屋さんに行くと、すぐにでもギターが弾けそうな本が沢山売られています。これらの本でギターを始めた人はものすごい数になると思います、が、果たしてどれだけの人が実際に弾けるようになったでしょうか。あなたの周囲を見てみれば良く分かると思います。
 ギターには「正しい練習方法」が必用です。先の本も「それなりの使い方」というのがあり、キャッチコピーに惑わされてすぐ弾けるものと勘違いしてしまう所に挫折の原因があります。
 「正しい練習方法」で「自分に合ったペースで練習する」ギターが弾けるようになるにはこれがとても大切な事です。ギタースクールや教室などの指導が必用なのはそこにあります。


ギターの先生の役割〜ギターを弾く楽しみを伝える


NIZI2009HANNTAGAWA  「牧野ギター教室」では1人1人の個性に基づいてその人に合ったレッスンの進め方をしていきますので、無理なくギターが弾けるようになります。そして単にギターが弾けるだけでなく、それ以上にギターを弾く楽しみを伝えていくのがギターの先生の役割であると思っています。


無料の体験レッスン


 さあ、あなたも私と一緒にギターを弾いてみませんか。無料の体験レッスンを用意してあります、ギターがどういう楽器か実際に手にとって弾いてみるのが一番です。これでかなりの検討がつきます、教室の様子、ギターの先生との相性、交通の便など、検討することは多いはずです、まずは「体験レッスン」を受けてからそれらを検討すれば良いでしょう。


私が教える大切な事


 音楽は生涯の友となって私達を支えてくれます。ギターはこの素晴らしい音楽に最も親しみ易い楽器です。音楽への扉を開けるにはいかにすれば良いか、音楽を生涯の友とするにはどのようにすれば良いのかを教え指導するのが私の努めだと思っています。単にギターが弾けるようになりたいというだけであれば、教則用の本やCDやビデオを使って独学で十分足りるかもしれません、でも私が教えるのはどのようにギターを弾くのか、という最も大切なものなのです。
 尚、現在私は通称プランティングと呼ばれる弾き方を応用した指導をしています。弦を確実に捉えてから弾くというこの奏法は初心者にとって最も有効な演奏法です。そしてこの奏法は初心者ばかりでなく中級・上級の方でも、音量がない、空振りする時がある、他の弦を弾いてしまう事がある、音色が悪い、トレモロが出来ない、などの悩みを解決してくれます。


牧野ギター教室のより詳しい案内は牧野ギター教室の案内をご覧下さい。

このページのトップへ戻る